2013年01月12日

体罰は教育です

日本維新の会の石原代表は戸塚ヨットスクールを支持しています。

そして今回の事件は大阪市立の高校で起きました。

世の中複雑だね!!



まぁ、『いじめ』も『体罰』も、こんなのは氷山の一角であってどちらも自殺されたので問題になっただけである。

私が思うにこの国の学校から、『いじめ』と『体罰』はなくせないであろう。

これは日本の学校の歴史でありこれからもあり続ける。

ただ、平成生まれは親にも殴られたことがない人が多いようなので打たれ弱いのかもしれない。

そして、最近の教師も体罰をした後にその生徒に対してのケアがないと思う。

本当に生徒のことを思って手を上げるならいいが、そうでないなら、それは体罰ではなく暴行である。

こういうデリケートな問題は時代の変化により臨機応変な対応が必要だな。

まぁ、私が学生だった頃は教師が生徒を拳で押さえ付ける時代だったが今はどうなのか?


学校側が『わが校は体罰を行います』と堂々と公表すればいいんじゃない。

そうすれば分かっててその学校を選んだのだから生徒も覚悟ができる。


まあ、何にしても自殺だけはしちゃいけねぇよ。

自殺する人間も最低だ!




mitonodaibouken at 12:34トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

Archives
プロフィール

ワタシ

メッセージ

名前
メール
本文