2015年01月30日

御朱印帳に御首題

『御朱印帳に御首題』とういキーワードで来られた人がいましたが、それについては私の子ブログのほうに書いたのですが、いかんせん私の主張というのは限りなく少数派なので検索エンジンの上位に来ることなどほとんどなく細々とブログを続けていてなおかつ子ブログはレアになってしまっている状態である。例の子ブログ

で、御朱印帳に御首題ですが、何で御首題がほしいのかという所が肝心ですよ。何で御朱印ではなく御首題なのか?それも何で御朱印帳に御首題がほしいのか?御朱印、御首題という物を単なるスタンプとして集めているからこそ考えられるのもなのかもしれない。結局『妙法』じゃ気に入らないだけだろ!結論を言えば日蓮宗の寺に普通の御朱印帳をもって『御首題で頂けますか?』と尋ねればいいだけのことである。

『いいですよ』と言ってくれれば頂けるし『ダメですよ』と言われれば頂けない、ただそれだけのことでしょ。


私の今使ってる御首題帳の一番最初は神社の御朱印である。これは私のうっかりで御首題帳として使う予定だったのに最初に神社の御朱印を頂いてしまったのである。その後日蓮宗の寺に行き『御首題でお願いします』と言って御首題を頂いたのである。まぁ、神社やお寺の人と渡り合えるぐらいの知識を持っていれば何もネットで御朱印なんかを検索する必要はないのですがね。




mitonodaibouken at 17:16コメント(2)トラックバック(0)御首題   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by くろう   2015年02月15日 00:46
初めまして。
色々読まさせていただきました。

ボク自信は、朱印帳は神仏との繋がりの証だと思ってるので、特定宗派で分ける真似はしないのですし、御首題帳を作ってもいませんが、皆が何で御首題がほしいのか?というのは「妙法」と”手抜き”されてるという感覚が強いからじゃないですか?
”手抜き”ではない「南無妙法蓮華経」という御首題が欲しいのではないでしょうか。
ですから「妙法」は決して”手抜き”ではないと、誰かが説明すればいいんじゃないかなと思います。

ボクは日蓮宗のお寺の人が”手抜き”をしてると感じたことは今まで一度もないです。
むしろ日蓮宗徒でないボクに手厚い御接待をしてくれたり、誰でもウェルカムのいいお寺、いい霊場にしようと努力しているお坊さんも見てきました。
(このお坊さんのお話がホントに面白くて、近所にあれば毎週通ってたのになあ…と思った次第です)

身延山が特にそうですが、日蓮宗はいかなる参拝者にも礼儀を尽くす教育がされていると思います。
ですから日蓮宗は朱印を”手抜き”するという悪い印象をもたれてるのは、少し悲しいですね。

ある日蓮宗のお寺のお坊さんの「妙法と書かせていただきました」という言葉が、特に印象に残っています。
2. Posted by ひよこエプロンの管理人さん   2015年02月15日 20:23
コメントありがとうございます。他の人は「妙法」を手抜きと感じてしまうのかもしれませんね。それに御朱印にしか興味がないのかと思ってしまうと悲しいですねぇ。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
プロフィール

ワタシ

メッセージ

名前
メール
本文